メイン写真 メイン写真

設計事例

土地のパフォーマンスを活かした設計

case_1「囲まれた狭小敷地の回答」

四方囲まれた旗竿地。都市部では良くある形状の敷地。デメリットは、周囲を隣地の建物で囲まれているため日当たりや景観を確保しにくい点。日当たりを考慮すると、1階のリビングプランは極めて難しくなる。更に、南側の隣地はアパートの外階段があり不特定多数の人が出入りをする状況だった。

この設計事例をみる

case_2「北西の角地の回答」

住宅街にはブロックごとに角地がある。角地は開放性があり良い土地と思われがち。しかし、この物件は北西の角地。道路が北と西に接続している土地だった。ひな壇になっている街並みは南東側が高くなっている。南東側の建物は高くそびえ立ち日差しが入り込みにくい立地となっていた。

この設計事例をみる

case_3「建築家の秀逸な土地の見方」

南側がひな壇状に下がり日差しをたっぷり取り込める敷地。土地も整形地でほぼ真四角。敷地条件としては問題ない土地だった。特に、東南の方向は建物も無く景色の抜け感も良い。この土地のポテンシャルとの向き合い方がユニークだった。

この設計事例をみる

各種ご相談会・勉強会を開催しております。
オンライン面談にも対応いたします。

無料個別相談・勉強会
受付中

毎日開催(定休日:水曜日を除く)各日3回 
➀9:00~ ➁13:00~ ➂16:00~