メイン写真 メイン写真

高性能スペックな家づくり

注文住宅を建てるのは初めての方が多いと思います。初めてのことだからわからないことだらけ。だから建築に詳しい人に住まいづくりを任せたいと思う方も多いと思います。注文住宅を建てる際、気を付けなくてはいけないこと。

_1. 住宅性能を熟知した設計事務所との住宅設計

FILLHAUS DESIGNの住まいづくりは、住宅性能を熟知した設計事務所との打ち合わせから始まります。いくらデザインや間取りが良くても、夏暑くて冬寒い家では楽しくありません。耐震性能や温熱環境(省エネ性能)を無視した設計は、プロの設計とは言えません。住宅性能を熟知した第一線で活躍する設計事務所が皆さまの豊かな暮らしを描きます。

普遍的な価値を提供する住宅性能を熟知した設計事務所との住宅設計

_2. FILLHAUS DESIGNの住宅性能

耐震性能は等級3を確保。FILLHAUS DESIGNの住宅は、許容応力度計算に基づく構造計算が必須となっております。地震大国である日本の住宅づくりにおいて安心安全を提供します。

断熱性能

「HEAT20 G2.5」を目指す

夏でも冬でも家中が快適にでなければ楽しい暮らしを実現できません。冬でも室内温度が16℃以下とならない空間づくりが目標となります。光熱費のランニングコストを抑えて、サイフにも優しい快適なライフスタイルがあってこそ「サスティナブルな暮らし」と言えるでしょう。

HEAT20 G3を目指すHEAT20 G3を目指す

断熱パネル

断熱性能・長期断熱性能・耐燃焼性能・環境性能をバランスよく有する断熱材。業界トップクラスの断熱性能で薄くても高いレベルの断熱性を発揮し、長期に渡って性能を維持します。

断熱パネル断熱パネル

基礎断熱

高気密・高断熱の高性能住宅は、壁や屋根だけでなく基礎からしっかり断熱します。 基礎の材料であるコンクリート素材は、熱伝導率が高く断熱性が低いため、外気温に晒されると夏は熱を蓄えやすく、冬は冷たくなりやすい性質を持っています。 断熱をしないと、夏の日差しや気温で熱せられた基礎は床へ向かって輻射熱を放出し続け、冬の寒さで冷やされた基礎は、室内の床から熱エネルギーを吸い取り続けます。基礎からしっかりと断熱することで、冷暖房で調節した温度を室内から逃がしません。

気密性能

「第3者機関による全棟気密検査を」

どんなに断熱性能が良くても気密性能が低いと意味がありません。冷気の漏れる冷蔵庫を買っているようなもの。気密性能は換気との深い関係性もありますので、いつも健康な空気の中で暮らすには気密性能を高くし換気性能を上げ流ことが必要です。FILLHAUS DESIGNでは、全棟気密検査を履行し、C値0.5cm² / m²の高気密性能を目指しています。

気密性能気密性能

耐震性能

一般的に、木造2階建は4号建築物と言われ、建築確認申請の際、構造関係の審査が省略される4号特例という規定がありますが、Fill HAUS Designでは、地震大国と呼ばれている日本においては、4号建築物にも構造計算(許容応力度計算)による耐震性能等級3を確保することが必須と考えています。

耐震性能耐震性能

換気計画

第一種換気システムによる計量換気。気密性能を上げることで、計画的な換気を促し結露や生活臭を排除します。2時間に1回、家の中の空気を全て入れ替える換気機能で、常に清涼で健康的な室内環境を守ります。

換気計画換気計画

サスティナブルな建材

床材は、無垢の材料を標準で使用しています。無垢の床材は、コストが高いという印象を持つ方も多いのでは無いでしょうか?。しかしFill HAUS Designでは、無垢の床材を標準仕様にすることでコストダウンを実現しています。

無垢の床材は傷つきやすいとの話もよく聞きます。反対に傷が絶対つかない素材もありません。傷がついた時に味わいと感じるか、単なる劣化と感じるかは素材の持つ風合いに関係してきます。合板でつくられた床材は、傷がつくと下地の合板が露出します。こうなるとメンテナンスは大変難しいものとなりますが、無垢材はどんなに傷がついても無垢は無垢。どうしても汚れや傷が気になれば、まな板のように削って表面を新しくすることもできるのです。

無垢材無垢材

各種ご相談会・勉強会を開催しております。
オンライン面談にも対応いたします。

無料個別相談・勉強会
受付中

毎日開催(定休日:水曜日を除く)各日3回 
➀9:00~ ➁13:00~ ➂16:00~